ネイルチップのサイズの測り方

静岡 御前崎 のネイルサロン「Toiroworks」のネイリスト aya です。

ネイルチップ(付け爪)が取れない方法を知りたい!
という声をよく頂きますが、

ネイルチップが取れやすい原因のひとつは

《ネイルチップのサイズが自爪に合っていない》

ということが挙げられます。

正しいサイズ選び・サイズ合わせで、ネイルチップを2倍も3倍も楽しんでいただけるようになるのでぜひ参考にしてください!

目次

自爪のどこのサイズを測るの?

ネイルチップ(つけ爪)のサイズ合わせをご自身で行なっていただく場合、自爪(地爪)の横幅の測り方が非常に大切になります。

ネイルチップが自爪から大きくはみ出していたり
逆にネイルチップの端から自爪が見えていると非常に不恰好なので

必ず自爪の横幅が最も広い部分を

計測しなければなりません。

メジャーでの地爪採寸
※爪に沿った孤を描くようなカーブのことをカーブ幅と言います

また横幅を測る時は、上記写真のようにメジャーなどの柔らかい素材のものを使用し、自爪にピッタリフィットするようにしてください。

一般的に販売されているネイルチップのサイズは、
カーブも含めた横幅(カーブ幅)になるため、自爪の幅を直線距離(直線幅)で測ってしまうとネイルチップが自爪より小さくなってしまう可能性があります。

柔らかいメジャーをお持ちでない場合や測りにくい場合は、マスキングテープやセロテープを使用する方法もあるので、やりやすい方を参考にしてください。

▶︎テープを用いる方法はこちら

ネイルチップのサイズについて

Toiroworksでは爪のカーブが緩やか、またはカーブが急で市販のネイルチップが合わない方にも安心してご使用いただけるように、形状記憶ネイルチップという特殊なベースチップを用いたネイルチップをオーダーメイド販売しています。

形状記憶ネイルチップはネイルチップの取れやすさの一番の原因でもある【ネイルチップと自爪の隙間をなくし、どんな爪にもぴったりと密着してくれるため】ネイルチップが取れにくいつくりになっています。

形状記憶ネイルチップについて詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。
→どんな爪にもフィットする“取れない”特殊なネイルチップ!形状記憶ネイルチップとは?

形状記憶ネイルチップのサイズ展開

長さはロングサイズ ミディアムサイズ、ショートサイズからお選び頂けます。
9サイズ展開と豊富なサイズ展開になっているため、爪幅が広い方やちび爪の方にも好みのサイズを見つけて頂けると思います。

自爪にお悩みをお持ちの方は、オーダー前にご相談に乗らせていただきますので、店舗LINEまでお気軽にご連絡ください★

ネイルチップの良いところは

*付け外しが自由自在なので、アクセサリー感覚でオシャレを楽しむことができる

そして

*ネイルチップを想い出として半永久的に残し続けられるところです!

持っているネイルチップのバリエーションが増えれば、その日の気分や服装に合わせてデザインの組み合わせを変えたりと様々な楽しみ方が出来るので、ぜひ長く愛用出来るネイルチップを選んでくださいね!

ネイルチップやネイルに関するお問い合わせは
こちらから気軽にしてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (32,009件)